霧とリボン
愛書家のための小間物ブランド《霧とリボン》のブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2015/05/21(木)   CATEGORY: ACCESSORIES
“Three Men in a Beat”シリーズ、期間限定で通販致します
アクセサリー・ セカンド・コレクション“Three Men in a Beat”シリーズ、期間限定で通信販売致します。今後の再販は未定です。この機会にどうぞよろしくお願い申し上げます。

3Men_blogMain.jpg

受付終了致しました。ご注文ありがとうございました。
お届けは6月上旬となります。どうぞよろしくお願い申し上げます。




★ポケット・ブローチ[T]★
3Men_PBT_2_01.jpg
変わりヘリンボーンのシックピンクのウール地が土台、ユニオンジャック・チャームとポップなスタッズでガーリー・ロックなテイスト。ブローチピンで留める仕様です

3Men_PBT_2_05.jpg
デニムのワンピースに身につけて、シック・カジュアル!
*コーディネート例です。お届けは《ポケット・ブローチ[T]》1点のみとなります

3Men_PBT_2_07.jpg
夏らしいシフォン素材の帽子に留めて、おしゃれのポイントに♪

3Men_PBT_2_09.jpg
オリジナル・キャスケットに入れてお渡し。蔵書票つき

【サイズ】約H7cm×W5.6cm
【素材】ウール、ポリエステル糸、樹脂加工チャーム、スタッズ、ポリエステル・レーヨン混紡リボン(裏面)、フェルト(裏面)、メタルパーツ
【ご使用上の注意】水濡れにご注意下さい。樹脂加工チャームは経年により少しずつ飴色になる特性があります。直射日光を避けて保存願います
【保証】ご購入日より半年間無料修理いたします(往復の送料のみご負担願います)。但し、承われない修理もございますので取り扱いにはご注意願います



★ポケット・ブローチ[G]
3Men_PBG_3_01.jpg
清々しいブラック×ホワイトのボーダー・コットン地がベース、小ぶりなスタッズとユニオンジャックでボーイッシュな仕上がり。ブローチピンで留める仕様です。

3Men_PBG_3_04.jpg
ボーダーのサマーニットに身につけて、マリーンテイストの装い

3Men_blogMain.jpg
セーラーコンバースに留めて、個性的に

3Men_PBG_3_07.jpg
帽子に留めて、少年風の装いのアクセアントに

3Men_.jpg
オリジナル・キャスケットに入れてお渡し。蔵書票つき

【サイズ】約H5.4cm×W7.2cm
【素材】コットン、ポリエステル糸、樹脂加工チャーム、スタッズ、ポリエステル・レーヨン混紡リボン(裏面)、フェルト(裏面)、メタルパーツ
【ご使用上の注意】水濡れにご注意下さい。樹脂加工チャームは経年により少しずつ飴色になる特性があります。直射日光を避けて保存願います。ベースに使用したコットン地の特性上、ほこりがつきやすくなっております。気になる場合は、マスキングテープをやさしく当て、取り除いてください。
【保証】ご購入日より半年間無料修理いたします(往復の送料のみご負担願います)。但し、承われない修理もございますので取り扱いにはご注意願います。



日々の装いのポイントに、ポケット・ブローチはいかがでしょう?

ご不明な点などございましたら、お問い合わせ下さいませ。
info[at]kiri-to-ribbon.com 



スポンサーサイト
page top
DATE: 2014/12/16(火)   CATEGORY: ACCESSORIES
【TOP】霧とリボン アクセサリー・セカンド・コレクション 2014-2015
霧とリボン
アクセサリー・セカンド・コレクション2014-2015
Three Men in a Beat

TMB_Main_blog.jpg

ジェローム・K・ジェロームのユーモア小説
『ボートの三人男 Three Men in a Boat』をテーマにした
アクセサリー・シリーズを発表します。

登場人物である「気鬱な三人の紳士」を
「英国の或る三人のロック・ミュージシャン」に置き換え、
「Boat/ボート」ではなく「Beat/ビート」に乗ったThree Menに
オマージュを捧げます。

繊細なロックテイストあふれるユニセックスなアクセサリーです。

PHPダイレクトショップ様にて先行発売開始しました!
→《物語のブローチ》特集12月号

セカンド・コレクションの展示販売につきましてはおって告知致します。
page top
DATE: 2014/10/10(金)   CATEGORY: ACCESSORIES
ワン・シーン・コレクション vol.3《ミス・ベイカーのルール》
 ワン・シーン・コレクションとはメイン・コレクションの幕間的ミニ・コレクション。書物の一頁、映画・舞台の一場面、音楽の一節、絵画の一枚など、ワン・シーンに捧ぐミニ・コレクションです。

 vol.3の今回は、スコット・フィッツジェラルド『グレート・ギャツビー』に登場するプロゴルファー、ジョーダン・ベイカーが題材。中性的な魅力持つミス・ベイカーの颯爽をコサージュ風アクセサリーに仕立てました。花束をモダンに図案化したブーケ・ブローチを秋冬の装いに……

 4点のミニ・コレクション、PHPダイレクト・ショップ様にて発売中です。



KIRI to RIBBON
☆ワン・シーン・コレクション vol.3☆
《ミス・ベイカーのルール》



秋から冬、
ジャズ・エイジなスポーティ・エレガンス

G_title2.jpg



ブーケ・ブローチ[ミス・ベイカー]
ストライプの装飾を施したスクエアなリボンパーツは
大胆に図案化した一輪の花、
その花々をブーケ状に束ね、コサージュに仕立てました

MsB_2.jpg
オリジナル・キャスケット入り・蔵書票付き

BB_01.jpg
アールデコ調のモダン・コサージュでシックな華やぎを…
(ワンピース:SERAPHIM)

BB_02.jpg
モガ風の帽子に付けて、ジャズ・エイジな装い


ブーケ・ブローチ[ミス・ベイカー mignon]
どのようなドレスも
スポーツウェアのごとく颯爽と着こなすミス・ベイカー
そんな彼女に捧ぐ、スポーティなコサージュです

MissBm3.jpg
小さなサイズのmignon(ミニヨン)タイプ

BB_03.jpg
モノトーンに渋めのレモン色映える秋冬の配色です

BB_04.jpg
クラシックでガーリーな帽子にスポーティをプラス♪


ブーケ・ブローチ[パーティの夜]
小花ラインで装飾を施したスクエアなリボンパーツは
大胆に図案化した一輪の花
その花々を構成主義的に配置、
和風モダンな生け花の雰囲気も漂うコサージュです

MsB_5.jpg
オリジナル・キャスケット入り・蔵書票付き

BB_05.jpg
絹の柔らかな風合いゆえ、赤のお色目は鮮やかながら落ち着いた印象
大胆なコサージュ使いでドレスアップ
ワンピース:SERAPHIM

BB_06.jpg
大胆な柄行きのアンティーク着物に帽子を合わせて……


ブーケ・ブローチ[パーティの夜 mignon]
小さなサイズのmignon(ミニヨン)タイプ
MissBm2.jpg
和風モダンな雰囲気をお洒落のポイントに♪

MsB_7.jpg
秋冬の濃いお色目のお洋服に小さな華やぎを……

MsB_6.jpg
愛らしいサイズ感♪



ミス・ベイカーのスポーティを秋冬の装いに……

PHPダイレクトショップ《物語のブローチ》


page top
DATE: 2014/08/10(日)   CATEGORY: ACCESSORIES
ワン・シーン・コレクションvol.2《ロック! エミリー・ディキンスンのハート》
 ワン・シーン・コレクションとはメイン・コレクションの幕間的ミニ・コレクション。書物の一頁、映画・舞台の一場面、音楽の一節、絵画の一枚など、ワン・シーンに捧ぐミニ・コレクションです。

 ロック・シリーズ第二弾の今回は、ザ・リバティーンズのピート・ドハーティも愛するアメリカの詩人エミリー・ディキンスンの一篇の詩(656番)がテーマ。清廉の内に静かに燃え上がるエミリーのたましいはまさにロック! しかし、あくまでも「ささやくこと」を貫いたエミリー、その繊細をブローチに封印しました。

 9点のミニ・コレクション、国立・セラフィム様店頭にて販売中です。
 ☆一部、完売したお品がございます。




KIRI to RIBBON
☆ワン・シーン・コレクション vol.2☆
《ロック! エミリー・ディキンスンのハート》



晩夏から秋、エミリーの詩を纏って……

RockEmily_Title.jpg



「Blood」「Scarlet」「ruddy」「Rose」「Vermilion」…
「Autumn」の諧調を様々な「赤」で表現したポエジーにオマージュを捧げます


幅広リボンのひそやかな拘束感がロック!
☆スタンドカラー・ブローチ(チョーカー)☆
RE_SB1.jpg
[スタンドカラー・ブローチ〜like a Rose]
エミリーが首元につけていた
リボン・チョーカーへのオマージュ
薔薇色の絹リボン、薄まった赤い水たまり、雨粒のリボン
税込8,100yen(本体7,500yen)


RE_SB_look4.jpg
首元をモダン・シックに彩ります
揺れるハート型のスワロフスキーもポイント
(Fin. Brooch:参考商品)


RE_SB2.jpg
[スタンドカラー・ブローチ〜Autumn]
夏の想いを残すシックな向日葵色の絹リボン、
グレイの雨空、雨粒のリボン
税込8,100yen(本体7,500yen)


RE_SB_look32.jpg
アジャスターの調節で首にピッタリと、
または襟ぐりに添ってゆったり



スタンドカラー・ブローチとお揃い
☆カフス・ブローチ(ブレスレット)☆
RockEmily_CB1.jpg
[カフス・ブローチ〜Autumn](上)
[カフス・ブローチ〜like a Rose](下)
各税込5,400yen(本体5,000yen)

RockEmily_CB3.jpg
ガーリーでほんの少しポップ♪ 

RE_CB2.jpg
スタンドカラー・ブローチとカフス・ブローチに
使用しているベースの無地リボンは
控えめな光沢と地紋が美しい、やや張り感のある素材
肌にもやさしい付け心地です


RockEmily_CB4.jpg
秋色気分を先取り♪

RockEmily_CB5.jpg
アジャスターの先端には
エミリーのハート(スワロフスキー)が揺れます


秋の風合いをお手元に…
☆ミドル・フィンガー・・ブローチ(指輪)☆
RE_MFB_Pink.jpg
[ミドル・フィンガー・ブローチ〜like a Rose]
薔薇色の諧調
税込4,320yen(本体4,000yen)


RE_MFB_Black.jpg

[ミドル・フィンガー・ブローチ〜the Shower of Stain]
漆黒に咲く薔薇のごとく
税込4,320yen(本体4,000yen)






★★★エミリーの肖像写真をチャームに封印したシリーズ★★★

エミリーのロザリオをイメージした祈りのネックレス
☆プレイヤー・ブローチ☆
RE_PB.jpg
[プレイヤー・ブローチ〜ruddy]
赤い水たまりのスワロフスキー、雨のタッセル
税込9,720yen(本体9,000yen)



手の甲を飾るアクセサリー
☆ガントレット・ブローチ☆
RE_GB.jpg
[ガントレット・ブローチ〜Scarlet]
ブレスレット感覚でつけやすいデザイン
普段着にもドレスアップにも♪
漆黒のスワロフスキー・チェーン、
揺れるエミリーの緋いろのハート
税込6,480yen(本体6,000yen)



シンプルでつけやすい一品
☆カフス・ブローチ(ブレスレット)☆
RE_CB.jpg
[カフス・ブローチ〜Vermilion]
純白のスワロフスキー・チェーンと朱いろのハート
税込4,860yen(本体4,500yen)



秋を待つ気分とともに、エミリーの詩の世界を傍らに……





RE_Fin.jpg

*

RE_S2.jpg
ディスプレイ:SERAPHIM

ご購入に関するお問い合わせはセラフィム様までお願い致します
Tel: 042-573-6679

RE_S1.jpg
ディスプレイ:SERAPHIM
page top
DATE: 2014/05/01(木)   CATEGORY: ACCESSORIES
ワン・シーン・コレクション vol.1 《ロック! トミーとタペンス》


Kiri to Ribbon
☆ワン・シーン・コレクション vol.1☆
《ロック! トミーとタペンス》



手の甲を飾る
「ガントレット・ブローチ」

GB_blog_01.jpg


手袋から遠ざかる暖かな季節、手のお洒落はいかが?




 ワン・シーン・コレクションとはメイン・コレクションの幕間的ミニ・コレクション。書物の一頁、映画・舞台の一場面、音楽の一節、絵画の一枚など、ワン・シーンに捧ぐアクセサリー・コレクションです。
 今回の「ワン・シーン」はアガサ・クリスティ『二人で探偵を』から。London Weekend Televisionが映像化した、トミーとタペンスがホームズ&ワトソンに仮装するチャーミングな一場面が題材です。冒険心旺盛なトミーとタペンスの日常はまさにロック! あなたもチャーミングなタペンス気分でホームズでロックなお洒落を取り入れてみませんか?


 タータンチェック、千鳥格子など英国テイストの生地を使用し、騎士風のミリタリー調漂う繊細ロック・テイストに仕上げました。カジュアルな装いはより個性的に、ドレスアップのシーンではエレガントに。劇中のトランプに喩えた暗号に倣い、トランプを彷彿とさせるデザインも施しました。

☆ガントレット・ブローチ〜「どんな仮装?」☆
GB_blog_09.jpg
仮装は「シャーロック・ホームズとワトソン博士」!
タペンスが男装してホームズに扮します。
鹿打帽とインバネスを思わせるタータンチェック、
深紅のリボンはタペンスの可憐。
ブレスレット部分は
漆黒のスワロフスキーをあしらった二連チェーンです。


 ガントレット・ブローチは手の動きに合わせて布製のガントレット部分が上下左右に動きます。手の甲を飾る、その時々のブローチの形をお楽しみ下さいませ。


☆ガントレット・ブローチ〜ハートの女王を探して☆
GB_blog_02.jpg
紳士服のトラウザーズの
ウエスト裏に使用される生地「縞スレキ」。
その縞スレキをベース地に使用、
紳士テイストをさりげなく取り入れました。
ハートのチャームが可憐に揺れます。


 [ガントレット・ブローチのつけ方]まず、リングを中指に通します(その際、リング下に配したスワロフスキーの向きが表になるようにして下さい)。次に、ブレスレット部分を手首にまわし、フックで留めます。


☆ガントレット・ブローチ〜「キングで勝負する」☆
GB_blog_04.jpg
千鳥格子に斜めの漆黒リボン。
トランプを思わせるシンプルなデザイン。
大きめのスタッズチャームが
ロックテイストをひそかに盛り上げます。


☆ガントレット・ブローチ〜「12トリックは12時!」☆
GB_blog_03.jpg
リボンを十字架のように配し、
エレガントなゴシックテイストに。
ちいさなスタッズチャームもポイントです。



☆ガントレット・ブローチ〜
「スペードのエースはクラブの名前」☆
GB_blog_05.jpg
二つのリボンはいつも仲良しのトミーとタペンス。
「スペードのエース」ではレモネードを頂きましょう。




ブレスレットタイプのガントレット・ブローチは
よりカジュアルに身につけられます。

☆ガントレット・ブローチ〜「当方の予定はスリーハーツ」☆
GB_blog_07.jpg
英国調のチェック柄に
ブリティッシュ・グリーンのリボンとスワロフスキー!


暗号を解読したトミーとタペンスは仮装して
「スリーアーツ舞踏会」へ向かいます。

☆ガントレット・ブローチ〜スリーアーツ舞踏会へいざ!☆
GB_blog_08.jpg
千鳥格子にシックな薄桃色のリボン、深紅のリボンが映えます。
舞踏会は仮装した人々で大にぎわい。


舞踏会の後はクラブ「スペードのエース」へ!
いよいよ、事件はクライマックス!

☆ガントレット・ブローチ〜「ワトソン君!」☆
(レース部は商品ではありません)
GB_blog_06.jpg
漆黒のコーディネートに加えて、
ワトソン博士をゴシックテイストに!
野薔薇色のスワロフスキーが煌めきます。

 レースの手袋や長手袋の上から身につけると装いをよりドレスアップしてくれます。様々なシーンでご愛用下さい。

 ブローチは布製になりますので、手を洗う際はいったんブローチをお外し願います(ブレスレットタイプは外す必要はございません)。[簡単なブローチの外し方]手の大きさにもよりますが、手を下に向けてブレスレット部を甲側まで移動させますと、ブレスレット部を外さなくともリングを中指から外すことが可能です。その後、ブローチを腕側にいったん移動させて、ブローチが濡れないように手をお洗いくださいませ。



☆ミドル・フィンガー・ブローチ〜アリス☆
MFB_Alice_blog.jpg
ベロアリボンにスワロフスキーの
ミニマルなデザインとお菓子のような配色。


☆ミドル・フィンガー・ブローチ〜アリス☆
MFB_Alice_BP.jpg
霧とリボンカラーでもあるシックな桃色と漆黒の配色。


☆アリスのカフス・ブローチ〜ミモザ(ブレスレット)☆
CB_Alice_blog.jpg
ミモザ色の絹糸に水色の絹リボンでシックなアリス風味。


☆アリスのカフス・ブローチ〜ノアール(ブレスレット)☆
CB_Alice.jpg
アリスの黒髪に薄桃色の絹リボンを編み込んで…


☆腹心の友ブローチ〜アン☆
Hukushin.jpg
腹心の友の証たるアンのひとふさの髪を胸元に…





心地よい季節を迎えました。どうぞお出かけくださいませ。

KtR_box.jpg
霧とリボン、オリジナル・キャスケット(小箱)



 
page top
DATE: 2014/02/05(水)   CATEGORY: ACCESSORIES
青い月と赤い薔薇
 「青い月と赤い薔薇」の麗しのお二人、左ききのゴージュ・青月泰山さまとさちさま。光栄にも当ブランドのブローチをご愛用頂いております♪

 *

 セロ奏者であり詩人の青月さまの透徹の世界……独演会にて左ききのゴーシュの物語を初めて拝聴した時、その音色が生まれ出る源に触れた気が致しました。ご自身が育った土地の風土への誠実な眼差しが深くやさしい音色を支えているのだと。
 「青」という色彩に対する繊細なる感性もまた、青月さまならでは。タッセル付きの指輪「ミドルフィンガー・ブローチ」をオーダー頂いた際、微妙にお色目の違う数種の青い絹糸をご高覧頂きました。いっさいの迷いなくひとつのお色目を選ばれたことが印象深く、揺るぎなき青の美学に震えました。

 三月に新作リリースと発表記念のご演奏会を予定されている青月さま。また新たな青の伝説が生まれる瞬間を楽しみに待ちたいと存じます。

 ☆青月舎☆

Aotsukisama_14cm.jpg
ブルーのチェロケースにおかれた美しい右手に
《ミドルフィンガー・ブローチ(指輪)〜青の時間》のブルーが重なります

 *

 「黒色すみれ」のヴァイオリニストとして名を馳せるさちさま。音楽のみならず、ご自身のブランド「Sacherie」として素敵なお帽子や雑貨もご制作されています。私も「Sacherie」の黒猫のお帽子を愛用、お陰様で家の猫モペットとさらに仲良しになれました♪

 「黒色すみれ」では歌姫ゆかさまと抒情世界を紡ぎ、「青い月と赤い薔薇」では静謐でクラシックな音色を響かせ、淑女舎ちるこさまとの「白いリボン」では正しい日本の少女世界を見せて下さいます。
 もはやひれ伏すほかない、乙女の中の乙女に乾杯です!

 ☆黒色すみれ☆

Sachisama_14cm.jpg
さち様ご自身のブランド「Sacherie」のヘッドドレス、セラフィム様のワンピースに
《O・SA・GE ブローチ》を合わせて頂きました
右手には青月さまとお色違い、薄桃色の《ミドルフィンガー・ブローチ(指輪)》が揺れます

 *

 「青い月と赤い薔薇」のお二人のますますのご活躍を心より楽しみにしております。

page top
DATE: 2013/12/14(土)   CATEGORY: ACCESSORIES
一輪のアネモネ
 美しき詩とハーモニーで聴く者を魅了する孤高のデュオ《アネモネ》さま…
 バニラ様とやす様、そして初期メンバーであり時折のライブに参加される静暮さまの重唱は、咲き乱れる花園、というより、荒野に立つ一輪の花の風景を思わせます。
 誰もいない荒れ地、吹きすさぶ風…… そこに咲く一輪のアネモネがみせる光と影…… 風に身をまかせるしなやかさと屈しない強さで遥かを見つめ続ける…… その気高き風景は同時に、小部屋の片隅で孤独のうちに日々紡がれるわたしたちひとりひとりのいのちの煌めきにやさしく重なります。
 佳き音楽は常にわたしたちの代弁者…… 一輪のアネモネがわたしたちの身代わりとなって涙し、思いを高くする哀感は、いまここを超えて繋がれゆくさいわいの意志のごとく……

 *

 嬉しいご報告をひとつ。

 敬愛してやまないアネモネのバニラ様が、光栄にも霧とリボンの《ミドル・フィンガー・ブローチ(指輪)》をライブにて身につけて下さいました! 漆黒の絹糸タッセルが美しいバニラ様の御手に揺れます。

MsV_2_14cm.jpg
《アネモネ×黒色すみれ~睡蓮に寄せてin總寧寺 vol.2~》 2013.10.6/撮影:cojicoji

MsV_1_14cm.jpg
《アネモネ×黒色すみれ~睡蓮に寄せてin總寧寺 vol.2~》 2013.10.6/撮影:cojicoji


 貴重なライブの機会に当ブランドのアクセサリーをお選び頂けましたこと、心より御礼申し上げます。

 *

 そして、素晴らしい出来事がもうひとつ。
 4thアルバム《バーレルセル》に収録されている「銀の針」という美しい曲……、夢のようなお話なのですが、バニラ様がミストレス・ノール(当ブランドのアート・ディレクター)の刺繍オブジェ作品(下写真)からインスピレーションを得て作詞されたそうなのです! 
 なんという光栄でございましょう……一生に一度、あるかないかの出来事です……

N_work_01.jpg
ミストレス・ノール《A Slumber Did My Spirit Seal》(2011)

「銀の針」

一筋の光が 差し込む部屋の翳
真白な布に 銀の針を刺す私

温もりを忘れた 凍る指の先
真白な布に 銀の針を刺す私

糸を導いて 心の花は
無垢で しなやかな 波にのまれる

刺繍は映す
秘めた想いに 貴方の影を 閉じ込めて

刺繍は詠う
虚ろな愛と 涙に濡れた夢


(アネモネ様のご了承を得て、歌詞の一部を掲載させて頂きました)

N_work_02.jpg
伝統技法ブラックワークで刺繍した十字架


 ひと針ひと針刺しゆく刺繍は祈りの行為そのもの…… こうしてアネモネ様の《銀の針》がちいさなひと針の祈りを掬い上げて下さいましたこと、この上なき幸せに存じました。
 アネモネ様の馥郁たる世界、これからも楽しみにしております!

 感謝を込めて・・・

page top
DATE: 2013/07/01(月)   CATEGORY: ACCESSORIES
Our Dearest Twins! 〜Anne of Green Gables
 先日、アクセサリー・ファースト・コレクション《Our Dearest Twins!》の撮影をいたしました。
 ファースト・コレクションは、モンゴメリ『赤毛のアン』とトーマス・マン『ベニスに死す』を題材に、アンとダイアナ、タージオとアッシェンバッハをそれぞれ双子に見立て、お揃い感とお揃い故の違いを楽しめるアクセサリーを提案する予定です。撮影では、モデルのビリチス様に4人の登場人物を演じて頂きました。

アン1_10cm
アンのO・SA・GE Brooch

アン2_10cm
毛染薬で赤毛が緑色になったアンのO・SA・GE Brooch

ダイアナ_10cm
ダイアナのO・SA・GE Brooch


 [アート・ディレクション&スタイリング]ミストレス・ノール
 [写真]渋谷健太郎
 [ヘアメイク]二宮ミハル
 [モデル]ビリチス

 分刻みのハードなタイムテーブルを粛々とこなして下さり、皆様には感謝しきりです。敬愛する方々との楽しい共同作業となりました。



幼きころから読み続けてきた『赤毛のアン』。今日のこの日まで一度も色褪せたことはありません。それはひとえに物語の持つ強度ゆえ、どのような時も揺るがない、アンのしなやかな夢への意志が物語の普遍性を支えています。
 アンの物語は確かにお茶目で愛らしい。しかし、その色鮮やかな織物の中に、生をまっすぐ見据えてひとり立つ厳粛な姿が、縦糸としてしっかり編み込まれています。
 現代の私たちの中にアンが色褪せず生きているならば、その美しい縦糸を物語から取り出し、現代という名の編み模様に封じ込めてみたい……古き良き時代の可憐だけではないアンの世界、孤独の美しさ、友情と友情ゆえのすれ違いなどアンとダイアナの一閃の煌めきを、モダーンに、硬質に、封印したいと思いました。O・SA・GE Broochはさしずめ、アンとダイアナの囁きの編み目とも言えましょう。

 『赤毛のアン』という邦題は秀逸で完璧ですが、原題が『Anne of Green Gables』(グリーン・ゲイブルスのアン)だと知った時、物語の源泉に指先が触れた心地がいたしました。アンの夢への意志を支える場所、アンのこころが常に返ってゆく場所、人の精神や美意識を育む家という存在……本当の主人公は、アンが愛情を注ぎ、育て、どんな時もやわらかな沈黙で全てを許容するグリーン・ゲイブルスという家なのかもしれません。

 今回制作するヴィジュアルが、グリーン・ゲイブルスの沈黙となれますように…



 ヴィジュアル作品はHP及び《HandMade In Japan Fes 2013》のブース内に展示致します。展示作品とともにお楽しみ頂けましたら幸いです。

page top
Copyright © 霧とリボン. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。