霧とリボン
愛書家のための小間物ブランド《霧とリボン》のブログ
DATE: 2015/07/08(水)   CATEGORY: 直営SHOP
ミッドサマーの森から、頽廃のGreenへ……
巷に雨の降る如く
われの心に涙ふる。
かくも心に滲み入る
この悲みは何ならん?

……ヴェルレーヌ詩「われの心に涙ふる」
堀口大學『譯詩集 月下の一群』より


雨の日が続いております。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

霧とリボン 直営SHOP “Private Cabinet” 六月の展示会《指 輪 標 本 室》はお陰様で無事終了いたしました。お越し下さいました皆々様、ツイッターなどで告知にご協力頂いた皆々様に心より御礼申し上げます。

June_01.jpg

シェイクスピア『夏の夜の夢』を中心に、妖精舞うミッドサマーの森をイメージした指輪標本室。

June_04.jpg

ディスプレイも深い森をイメージして……
月明かりをイメージした蝋燭が指輪をひそやかに照らします。

June_03.jpg
『夏の夜の夢』の指輪。奥の3点は妖精パックのいたずらでビッグサイズに!

お気に入りの1点をじっくりと、魅惑の物語を幾篇か、はたまた物語のコンプリートを目指して、等々、思い思いに物語を採集して下さるお客様のご様子が麗しく。

June_05.jpg
三種の質感違いのリボンを組み合わせて、ガーリーモダンシック♪

June_12.jpg
『秘密の花園』シリーズ。朽ちた庭園が少しずつ色づいて息を吹き返す様を黒〜オリーヴ色〜若草色〜薔薇色〜白の移ろいで…

June_06.jpg
『秘密の花園』の指輪にセラフィム様のレース・ミテーヌを合わせて

June_16.jpg
ホームズ研究家であり、かのベイカー・ストリート・イレギュラーズに入会を許された二人目の日本人、世界的なシャーロッキアンの田中喜芳先生によるホームズの洒脱な木版画。当ブランドのホームズ紅茶をお気に召して頂いたことがきっかけで、光栄にも賜りました…♪

June_09.jpg
『シャーロック・ホームズ』の指輪。シャーロックの「S」のタイポグラフィ・チャーム、リング部が二連の個性的なデザイン

June_11.jpg
『シャーロック・ホームズ』シリーズ、ベイカー街221Bに集う面々。ブリティッシュなチェック柄で、甘すぎないお仕立て

June_14.jpg
『赤毛のアン』と『ふしぎの国のアリス』コーナー

June_15.jpg
『ボンド街のダロウェイ夫人』シリーズ。手彩色チャーム、スワロフスキー、二連のリングで個性的なデザイン♪

June_08.jpg
ミッドサマーの森に、二人の女神が降り立ったひととき……画家の安蘭さま(左)とヴェルレーヌをご研究されている玉田優花子さま(右)

June_13.jpg
まさかの『8ビートギャグ』at the Private Cabinet!

お客様と散策する森は思った以上に奥深く……♪

entrance.jpg

ミッドサマーの森をぬけて、七月は頽廃のGreenへ……

June_10.jpg

今月はイベント「ちひさな文藝キャバレー《霧とリボン》」のみの営業となります。イベントの詳細はおって告知致します。
page top
Copyright © 霧とリボン. all rights reserved. ページの先頭へ