霧とリボン
愛書家のための小間物ブランド《霧とリボン》のブログ
DATE: 2015/12/12(土)   CATEGORY: 直営SHOP
企画展《WHITE, SILVER AND NIGHT》作家紹介
いよいよ来週15日(火)より、霧とリボン クリスマス企画展《WHITE, SILVER AND NIGHT》がはじまります。「白」「銀」「夜(黒)」の静謐なクリスマスの世界、どうぞご期待下さいませ。

blog_WSN4.jpg

参加作家5組のプロフィールのご紹介です。

MsOku.jpg

奥 絢子 Junko Oku | 陶芸家 →HP
磁器のなめらかでマットな白を基調とした食器や花器を中心に制作。アクセントに銀、差し色にピンクやブルーを用いたシリーズも展開しています。2011年独立。2008年テーブルウェアフェスティバル入選、2009.’13日本クラフト展入選、2010年四日市萬古焼コンペ入賞、2013年二人展(器ギャラリー宙)、2014.’15グループ展(酢飯屋水道ギャラリー)、2014.’15二人展(銀座プチルクシュ)、2015年グループ展(代官山無垢里)、 2015年個展(赤坂ジャローナ)他入選、企画展多数。

*

MsMagiera.jpg

キャンドル・ストゥーディオ・マギエラ CANDLE STUDIO MAGIERA | キャンドル作家 →HP
ニュージーランドにあるハンドメイドキャンドルショップにて修業後、立ち上げられたブランドCANDLE STUDIO MAGIERAは、本来の役目である火を灯す照明具としてのキャンドルだけではなく、火を灯さずとも装飾品としても楽しめるキャンドル作りを目指しています。また、キャンドルだけでなく蝋を素材としたオブジェやオーナメントなどの作品制作にも取り組んでいます。

*

MsHayashi.jpg

林 美奈子 Minako Hayashi | コラージュ作家 →Blog
2013年、東京から札幌へ移住。日常と非日常の間に漂う粒々の採集と研究。古い紙と記憶のコラージュ。2010年より、コトバの断片を素材にした「街角コラージュ」の制作開始。個展:2008年「植物園の午後」、2014年「路地裏の記憶預かり所」、2015年「粒々研究所」企画展多数。*粒々とは、感覚を刺激されたコト、モノのこと。

*

MsHikari.jpg

日香里 Hikari | 画家・服飾アクセサリー作家 →facebook
普遍性・祈りをテーマに少女をモチーフとした絵画作品等を制作している。2002年より制作活動を始め、2012年「英国文学十四行詩集vol.1」(画廊珈琲Zaroff)等のグループ展等に参加。2015年「ANGELITE」(Silent Music)個展を開催。掲載誌:エスカルゴスキン1、2号(飛鳥新社)、不思議の国のアリス ビジュアルファンBOOK(マイナビ)。

*

KtoR201512.jpg


霧とリボン KIRI to RIBBON | 小間物ブランド →HP

「物語を身につけよう!」をコンセプトに、オリジナルのハンドメイド・アクセサリーや紙製品、オーガニック紅茶など、愛書家の日々を美しく彩る小間物類を制作している。ミストレス・ノール主宰、2008年より活動をはじめ、2013年ブランドを本格スタート、2015年直営SHOP “Private Cabinet” オープン、「書物」を広く深くとらえたカルチャー発信を目指している。

*

モノトーンのクリスマスの小部屋にどうぞお出かけ下さい。


page top
Copyright © 霧とリボン. all rights reserved. ページの先頭へ