霧とリボン
愛書家のための小間物ブランド《霧とリボン》のブログ
DATE: 2016/04/28(木)   CATEGORY: 直営SHOP
イースター企画展《スクリプトリウム II 〜 音楽を記述する試み》
☆霧とリボン 直営SHOP “Private Cabinet” 1周年記念☆
イースター企画展
《スクリプトリウム II 〜 音楽を記述する試み》

のご案内

Scriptorium2_DM_blog.jpg
HOLON“Passacalia”2016

イースター企画展
《スクリプトリウム II 〜 音楽を記述する試み》

音楽の言葉(詩と楽譜)を
カリグラフィ、タイポグラフィ
版画、刺繍で表現する美術展


[日時]2016.4.29(金・祝)〜5.8(日) *5月4日(水)休
[営業時間]13:30〜19:30
[イースターのサロン・コンサート]5月4日(水)
[会場]霧とリボン 直営SHOP



修道院の写字室を意味する「スクリプトリウム」。長きに渡り、修道士たちの手により聖書の言葉は壮麗に写され、残されてきました。
本展は、デジタル書体デザインを現代の写字法ととらえ、聖書の言葉を写し、纏う試みを発表したHOLONタイポグラフィ作品展《スクリプトリウム(2013年・森岡書店)》の第二弾です。
写字という行為をより押し広げ、「音楽の言葉(詩と楽譜)」を「カリグラフィ」と「装飾を重視したオリジナル・アルファベット書体」によって記述した作品を中心に発表します。
題材は、バッハやビーバーの宗教曲にはじまり、祈りの音楽を奏でるピアニスト久保田恵子と、現代を活写する中に祈りが宿る唄うたいユニット“アネモネ”の詩と楽曲。カリグラフィ、タイポグラフィ、版画、刺繍などで紡ぐ美術展をどうぞお楽しみ下さい。
また、会期中、ヴァイオリニスト藤井晴雄によるサロン・コンサートも開催します。
清々しいイースターの季節、音色に染まる写字室にて皆様のお越しをお待ちしております。

[参加作家]
アネモネ(詩・楽譜・音源)
久保田恵子(詩・楽譜・音源)
佐分利史子(カリグラフィ)
藤井晴雄(ヴァイオリン演奏)
HOLON(タイポグラフィ・版画)
霧とリボン(刺繍・アクセサリー)

→作家紹介はこちら



★イースターのサロン・コンサート★
ヴァイオリン:藤井晴雄

ヴァイオリンソロ演奏と
楽曲にまつわるお話を楽しむサロン・コンサート
終演後は喫茶と歓談のひとときをお過ごしください

[PROGRAM]
カッチーニ(伝) ウラディミール・バビロフ「アヴェ・マリア」
ビーバー《ロザリオのソナタ集》より「パッサカリア」
バッハ「G線上のアリア」
バッハ《マタイ受難曲》より「憐れみ給え、わが神よ」
ヘンデル《セルセ》より「オンブラ・マイ・フ」



[フライヤー作品解説(本展示出品作)]
HOLON“Passacalia”2016
「音楽を身に纏う」をコンセプトに楽譜をジュエリーに見立てたシリーズの一点。ビーバー作曲《ロザリオのソナタ集》より「パッサカリア」の楽譜の一部を作品化したものです。
教会建築の薔薇窓から着想したオリジナル・アルファベット書体「薔薇窓」を使用。ロザリオ(ネックレス)のようにデザインした五線譜に、音符に対応させた「薔薇窓」のパーツが並んでいます。「Biber」「Passacalia」の文字も「薔薇窓」で組み、宝石の煌めきのように配置。
目に見えない音楽を平面作品として記述することを試みました。

オリジナル・アルファベット書体《薔薇窓》
薔薇窓_blog




[常設展示]
奥 絢子(磁器)
川島 朗(オブジェ・アクセサリー)
CANDLE STUDIO MAGIERA(キャンドル)
花モト・トモコ(アクセサリー)
page top
Copyright © 霧とリボン. all rights reserved. ページの先頭へ