霧とリボン
愛書家のための小間物ブランド《霧とリボン》のブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2017/04/07(金)   CATEGORY: NEWS
霧とリボン 2017/18シーズン展覧会ラインナップ第一弾発表
KtR_17_18_blog.jpg

ロイヤルオペラハウス、オペラ座、ウィーン国立歌劇場、メトロポリタン歌劇場……世界各地にある憧れの劇場。ライヴ・ビューイングで鑑賞できる時代ゆえに尚、毎シーズン発表される演目に胸が高なります。

そんなワクワクを、ここTOKIOの片隅にあるちいさな霧とリボンでも取り入れるべく、今後予定している展覧会ラインナップを段階的にまとめて発表することといたしました。

シーズンごと、霧とリボンならではの切り口で、素晴らしい作家様方をお迎えした展覧会を開催、皆様のスケジュール帳に、ひとつでも多く、霧とリボンの展覧会がご予定されますように・・・

[お知らせ]
しばらくの間、郵送DMでの告知はお休み致します。毎月のご案内はメールマガジンにて配信予定です(月1〜2回程度)。メールマガジンご希望の方はHP内CONTACTよりご連絡下さいませ。→CONTACT



霧とリボン 直営SHOP
“Private Cabinet”

2017/18 Season
★SUMMER★


霧とリボン企画展《菫色の実験室vol.2〜菫色×調香》

菫色の実験室DM_blog

《菫色の実験室vol.2〜菫色×調香》
2017.5.5〜5.14
13:30〜19:30 *最終日のみ〜18:00
[サロンコンサート]2017.5.21

「菫色」という色彩、世界観を様々な角度から追求する展覧会の第二弾。昨年開催した「菫色×不良少年」に続き、今回のテーマは「菫色×調香」です。絵画、イラスト、オブジェ、カリグラフィ、キャンドル、服飾、アクセサリーなど、各研究員がそれぞれの手法で“架空の香水”を制作発表する美術展。かぐわしい菫色が陳列された実験室にぜひお出かけ下さい。音と香りをテーマにしたサロンコンサートも開催致します。

★展示作家★
金田アツ子(絵画)
川島朗(オブジェ)
CANDLE STUDIO MAGIERA(キャンドル)
佐分利史子(カリグラフィ)
鳩山郁子(イラスト)
花モト・トモコ(イラスト)
Belle des Poupee(アクセサリー)
massaging capsule(服飾小物)
mIRA.(服飾)
霧とリボン(アクセサリー)

★サロンコンサート★
小林奈那子(チェロ演奏とお話)
高野麻衣(朗読とお話)



菫色の小部屋コレクション
《Mrs Dalloway’s Dressing Table》


Dalloway_FlowerDM2_blog.jpg

《菫色の小部屋コレクション〜Mrs Dalloway’s Dressing Table》
6月、週後半オープン

「ミセス・ダロウェイはお花はわたしが買ってくるわ、と言った。*1」
「手袋を買ってくるわ、とダロウェイ夫人は言った。*2」

六月の《菫色の小部屋コレクション》は、六月のロンドンを舞台にしたヴァージニア・ウルフのふたつの小説の主人公“ダロウェイ夫人”がテーマ。「誇らかに背筋をピンと伸ばして」ロンドンの街を歩くダロウェイ夫人が身につけていそうな、または彼女のお部屋にありそうな装身具や小物。それらをイメージしたイラスト作品やアクセサリーなどの展示会です。

*1『ダロウェイ夫人』(丹治愛訳・集英社より)
*2「ボンド街のダロウェイ夫人」(『壁のしみ 短編集』収録 川本静子訳・みすず書房より)

★new arrivals★
nichinichi
花モト・トモコ
Belle des Poupee
massaging capsule
山口友里
霧とリボン
and more.....


SUMMERシーズンはこの他に、音楽を題材にした企画展《菫色の音楽集〜エリック・サティのスポーツと気晴らし》や秋のおしゃれを準備する《菫色の小部屋コレクション》などを予定しています。

サティ2
エリック・サティの自筆楽譜
《スポーツと気晴らし》より序曲「食欲をそそらないコラール」


エリック・サティ《スポーツと気晴らし》



★AUTUMN★

AUTUMNシーズンは、バレエ愛を綴る展覧会シリーズの第一弾企画展《バレエ詩集〜ラ・シルフィード》からスタート。バレエブラン(白のバレエ)の繊細とスコットランドの野性を様々な技法で描き出します。

シルフィード
シルフィードを演じるマリー・タリオーニ(V&Aサイトより引用)


企画展《Miss Mauve meets “THE WOMAN”》もシリース化の予定。菫色の小部屋に住むMiss Mauve/モーヴ嬢が、ひとりの女性に会いに行くことからはじまる展覧会です。詩人、音楽家、探検家、サロンの女王、小説の登場人物など、記念すべき第一回目は誰に会いに行くのでしょう? “或るひとりの女性/THE WOMAN”に焦点をあてた美術展。ご期待下さい。

thewoman.jpg


霧とリボンの展示会 《アクセサリー 4th コレクション》も秋の開催。昨年の3rd コレクションのテーマはヴァージニア・ウルフ『オーランドー』でした。今年の一冊はまだ書棚に眠ったまま。各作家さまとのコラボレーションも予定しています。

Orlando_blog.jpg
霧とリボン アクセサリー3rdコレクション《オーランドーの記憶》DM

blog_霧とリボン1702
霧とリボン アクセサリー3rdコレクション《オーランドーの記憶》


晩秋には、大好きな時代をテーマにした企画展《Roaring Twenties〜狂騒の二十年代》を開催。菫色の小部屋がフラッパー・ガールでいっぱいになるかも♪

20s.jpg

他に、日本美術研究家の方との共同企画展や、多くの人を魅了する“あの小説”の展覧会も。詳細は少しずつ、ご報告致します。

WINTERシーズン、SPRINGシーズンはまた改めて!


現在、霧とリボンでは週末オープンの《菫色の小部屋コレクション》展を開催中。

外壁のクレマチスも、ドレスの裳裾のように満開になりました。イースターを迎える春の一日、霧とリボン 直営SHOP“Private Cabinet”にぜひ遊びにいらして下さいませ。

PCC_79_blog.jpg
page top
Copyright © 霧とリボン. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。