FC2ブログ
霧とリボン
愛書家のための服飾・小間物ブランド《霧とリボン》のブログ
DATE: 2020/02/03(月)   CATEGORY: 直営SHOP
【参加ブランド紹介】霧とリボン企画《ジョルジュ・サンドの5つの書簡》

霧とリボン企画《ジョルジュ・サンドの5つの書簡》参加ブランドのご紹介です。

[日時]
2020月2月8日(土)~11日(火・祝)
会期中無休

[営業時間]
13:30〜19:30

[会場]
霧とリボン 直営SHOP “Private Cabinet”
(東京・吉祥寺)

[最新情報]
作品紹介や展覧会風景などをお届けしています
霧とリボンTwitter

ジョルジュサンド_DM_Omote_blog



Blog_オーランドー

オーランドー Orlando | 服飾ブランド
在るかどうか分からない場所を探す、少年少女のためのちいさなメゾン“ネバアランド”と、愛書家のための服飾・小間物ブランド“霧とリボン”によるコラボレーション・ブランド。2019年設立。ブランド名はヴァージニア・ウルフの同名小説から。性と時代を越境して生き続けるオーランドー、そのモダニティを写した服飾コレクションを発表していきます。
*上記画像は本展出品の新作ドレス

サンドが綴った多彩な書簡のように、幾通りもの着こなしが楽しめるドレス・コレクションを発表します。春らしい柔らかな配色からシックなお色目まで、印象の違う5種のドレス、ぜひお試しにいらして下さい。
新作ドレス・コレクションの詳細はこちら




2020_MC_blog.jpg

massaging capsule | 服飾ブランド →HP
デザイナー渋谷美緒。1998年よりmassaging capsule名義にて服飾製作を開始。 脆く傷付きながら懸命に自立する人物像をイメージし、そのような人たちが強くあるための殻としての服をデザインしている。ブランド名はE・ルッチオーニとマクルーハンの言葉に東京のイメージを重ねたもの。2012年二人展「Her vein, his scales.」(画廊 珈琲 Zaroff)はじめ展示会や催事等参加多数。
*画像は本展出品の新作

書簡を綴るサンドの聡明な手元を思わせる、ひときわノーブルな新作アームコルセットをはじめ、昨年好評を頂いた「暗躍するアームコルセット」の春色バージョンも届きます。霧とリボンとのコラボレーション・カフスのアーカイヴコレクションも受注可能。まだ寒さが残る頃、お手元を温かく包みながら、春を纏ってみませんか?



Blog_アンヴァンテール様2002

アンヴァンテール | O Bel Inventaire | フランスアンティーク&ブロカント店 →HP
パリとパリ郊外〜フランス田舎を巡ってフランスアンティークを買付けています。ベルエポック時代の装身具、スミレの香水瓶、繊細なアンティークレース、美しいもの、儚いもの。2008年OPEN。
*画像は本展出品のセレクト品

菫色の装丁も優美なサンドのアンティーク本『愛の妖精』上下巻は、審美眼高いアンヴァンテール様のセレクトならでは。菫色の香水壜やボトル、アールデコ風の薔薇コサージュなど、春のインテリアや装いを優しく演出してくれるフランスアンティークをお楽しみ下さい。



Blog_ボーグ様2002

銀座ボーグ GINZA VOGUE | 帽子専門店 →HP
銀座ボーグは1932年創業の帽子専門店でございます。創業以来一貫して、エレガントな帽子を作り続けております。皆様が帽子を見てかぶって楽しんで下さいましたら幸甚でございます。
*画像は本店出品作(霧とリボンとのコラボレーション帽子・アーカイヴコレクションより)

卓越した手仕事で仕立てられた美しいお帽子は、身につけるだけで気分がワクワクします。霧とリボンとのコラボレーションで制作されたアーカイヴコレクションより、春先まで着用できるお帽子から、本格的な春を迎えた時期から着用できる爽やかなお帽子まで、取り揃えてお待ちしております。



2020_N_blog.jpg

ネバアランド Neverland | 服飾ブランド →HP
在るかどうか分からない場所を探す、少年少女のためのちいさなメゾン 。2005年から制作を始め、2013-2017年の間、制服をモチーフとした「Neb aaran do by ネバアランド」として活動後、「ネバアランド BIRTHDAY」を開始。2019年から「ネバアランド」としてブランドをリニューアル。ショップや展示会での展示販売の他、衣装や制服のデザイン・制作など。
*画像は本展出品作

チェックの生地使いや配色に春を感じて——ワンピースはじめ、肌触りも優しい、お出かけが楽しくなるお洋服が届きます。スキップしたくなるような軽やかなコーディネートをゆっくりお試し下さい。



Blog_霧とリボン2002

霧とリボン KIRI to RIBBON | 服飾・小間物ブランド →HP
「物語を身につけよう!」をコンセプトに、オリジナルのドレスやハンドメイド・アクセサリー、オーガニック紅茶など、愛書家の日々を美しく彩る服飾品や小間物類を制作している。2008年活動スタート、2015年オープンした「菫色」の色彩と世界観にこだわった直営SHOP《Private Cabinet》では、文学・アート・モードの世界を横断する展覧会を開催している。コラボレーション・レーベル《Modern Mauve Flapper》や会員制社交クラブ《菫色連盟》の活動も行っている。
*画像は本展出品の新作

ミニハットの雰囲気をカジュアルに楽しめるカチューシャ「帽子的!ヘア・ブローチ」の新作コレクションを発表します。普段着からドレスアップまで、アンティークベロアリボンを使用したアールデコ風のデザインが、装いに甘すぎない華やぎを添えます。
page top
Copyright © 霧とリボン. all rights reserved. ページの先頭へ