霧とリボン
愛書家のための小間物ブランド《霧とリボン》のブログ
DATE: 2013/09/21(土)   CATEGORY: EXHIBITION
《わたしのアンデルセン》展
Noohl_1_14cm.jpg
かがみのかけら I 〜『雪の女王』より〜

 silent music様主宰の《わたしのアンデルセン》展にミストレス・ノール名義でオブジェ作品を三作出品しています。

 ☆わたしのアンデルセン展☆
 9月21日(土)~10月6日(日)
 12:00~19:00
 at silent music


Noohl_2_14cm.jpg
かがみのかけら II 〜『雪の女王』より〜(部分)

 題材は『雪の女王』。冒頭、悪魔が作った鏡がたくさんのかけらにくだけ、世界中に飛び散って人々に刺さり、人々の目を曇らせます。
 「原罪」を連想させる冒頭の場面…、物語ではカイ少年の心臓と目にちくりと刺さりますが、外伝的な作品にしたく、名もなき少女たちのかけらの物語として仕立てました。

Noohl_4_10cm.jpg
薔薇窓書体で綴られた賛美歌のかけら

 オリジナルの薔薇窓書体で物語のキーとなる賛美歌の一節を綴り、それを分解して、鏡のかけらに見立てた八角形の金古美パーツにアクリル樹脂で封印しました。

 ばらの花咲く 谷まのおくにも
 おさなごイエス おとずれたもう


 ばらばらになってしまった賛美歌がいずれ元通りになるように願いを込めて…

Noohl_3_14cm.jpg
かがみのかけらIII〜『雪の女王』〜より(部分)

 物語ではゲルダの熱い涙がカイのかけらを取り除きますが、名もなき少女たちのかけらはどんな風にして消えたのでしょう…

 それぞれの、ちいさな三つの物語。

 *

 皆様のお越しをお待ちしております。

page top
Copyright © 霧とリボン. all rights reserved. ページの先頭へ